メインメニュー

クラブ通信

2011年5月7日、8日、14日、15日 「全日本少年サッカー大会地区予選」を終え

4日間にわたる大会は無事終了し優勝を勝ち取る事ができました。
光田寺さんとの決勝戦では両チーム共に主力選手を欠いての戦いとなり厳しい試合ではあったものの、何とか1点を守りきり勝利を収める事ができました。
又、大会を通じて私たちスタッフが感じたことは藤崎ランツァーさんの躍進ぶりです。選手とスタッフが一つになり、勝っても負けても他のチームに爽やかな印象を与えてくれたように思います。
・・・・・・我々黒石FCも県大会に向かってG0~!!

2011年5月5日 「第5回スーパーキッズ・チャンピオンズカップ」を終え

大会数日前の天気予報から一変し、4日の会場作りは小雨交じりの中で行われた。その夜にも強い雨が降り出し、当日の朝もどんよりとした雨雲の下、大会を行うか否か躊躇した。
スタッフ同士の話し合いの結果、無理やり開催する事にしたものの、施設の管理上、陸上競技場が使用不可になり、広場にコートを増やすなど、あわただしく準備を進める中、各チームの選手が集まる頃には歓迎するかの様に日も照りだし、青空も見え始めた。
ゲームが始まってからは、朝の不安をかき消す様な天候に恵まれ、終わってみれば大成功であったと胸をなでおろす1日であった。
大会成功の影には、子供達の為に前日からの準備や、当日朝早くから夕暮れまで協力して下さった、高学年の保護者や5~6年生の子供達がいた事を忘れてはならないと思います。
これからも、黒石FCに携わるすべての仲間が力を合わせ、子供達の健全な育成に取り組んでいければ、素晴らしい事だと感じております。

保護者の皆さん、究君、5、6年生、本当に御苦労様でした。